株式投資

【株式投資初心者必見】お金が大好きな私が「成長株」について簡潔に解説!

どうも、ナカタカです!

株式投資を行う上で意識しておくべきことは「安く買って高く売る」と言うことですが、安く買って高く売るにも工夫をしなければいけません。

いかに安く売って高く売るか作戦を練るのが株式投資家の力の見せどころ。

そこで、本記事ではお金が大好きな私が株で収益上げるために覚えておきたい「成長株」について簡潔に解説していきます!

成長株

ナカタカ

成長株ってどんな株なん?

ナカタカ

企業の売り上げや利益が順調に成長している株のことじゃ。

成長株とは、企業の売り上げや利益が年々増加して今後も増加が見込まれる株のことです。

株を購入するにあたって、安い時に購入しその後も企業の売り上げや利益が上がっていくことによって買った株の価値も上がっていきます。

多くの株投資家が企業のデータ(会社四季報等)を元に目をつけて成長株を買う人が増えていくからです。

株を買う人が多ければ多いほど株価は上がっていきます。

成長株の探し方

成長株は企業の売り上げや利益が順調に増加しており、今後も増加が見込まれる株のことを言いますが、成長株かどうかを確認するには「会社四季報」等のデータをチェックします。

過去3年~5年の業績をチェックして順調に売り上げを伸ばしている企業を割り当てます。

主に、

  • 売上高
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 当期純利益

が順調に伸びている状態が成長株の要件と言っていいでしょう。

過去3年~5年ほどの企業データを確認する

成長株を確認する際は過去のデータを見ながら判断していきます。

過去3年~5年の業績が順調に伸びており、業績予想も当期と来期の2期の分売り上げや利益が順調に伸びるであろう企業の株を購入できるようにデータを見ていきます。

成長株を購入する上では過去・現在・未来を読めるようにしていくことが大事になります。

成長株を確実に探す方法

先ほど過去3年~5年分の業績を基にして現在と未来の業績も含めたデータ分析が必要であると解説しました。

しかし、過去3年~5年のデータを確認しても本当に成長株かどうかが分からない株もあります。

偶然業績が良かった可能性もありますので、成長株と言い切れない部分もあるので、その際はより過去を深掘ってデータを見る必要もあります。

過去10年間の業績をチェックする

より深堀りして成長株を特定させるには過去10年間の業績を確認する必要があります。

過去10年間のデータを深堀れば成長株かどうかを見極めやすくなります。

株は長い目で見て企業の売り上げや利益を見つつ、判断していくことが肝となります。

成長株は早めに見極めて買うことが必要

成長株は業績を伸ばし続けている企業の株を言いますが、成長株はできるだけ早めに見極めて購入することが大事になります。

早めに見極めて購入することで、できるだけ安く購入し、高く売るという流れをつくることができます。

さらに、早めに購入しておくことで売った株の価値が高い状態で売れるので収益も増えます。

そのために過去データを深堀してチェックし、業績の流れを読んでおくことが大事です。

成長株 まとめ

成長株は成長し続けている企業の株のことです。

成長株を買うためにプロの投資家たちは日々業績をチェックしています。

株で稼ぎたいと思っている方は、まず業績をしっかり分析してハズレを引かないように戦略を立てていく必要があります。

トレンドにも注目しよう

成長株はトレンドとも強く絡んでいます。

将来利益を大きく伸ばしていきそうな事業に投資をすることが株で稼ぐためには欠かせないことです。

例えば今後広まるであろう5Gであったり、自動運転機能付きの自動車だったりと将来成長していきそうな株に目をつけていくことが大事になります。

そのためにも会社四季報での業績チェックを怠らずにしていきましょう!

最近のコメント