アスリート就職・転職

体育会系が化粧品会社への就職・転職に有利な理由|選び方・資格も紹介

化粧品会社は女子学生の就職先として人気の職業です。

特に女性の中には化粧品が好きだったり、美容に興味ある人などが美容業界への就職を目指す傾向が強くあります。

美は女性にとって永遠のテーマであり、安定した業界としても注目されています。

そんな華やかなイメージのある美容業界ですが、実は体育会系の気質も強いのはご存知でしょうか?

今回は体育会系が化粧品会社への就職・転職に有利な理由と選び方・資格も紹介します。

化粧品会社の業務

化粧品会社の業務は主に3つに分けられます。

  1. 開発
  2. 営業・事務
  3. 美容部員

では、それぞれ簡単に説明します。

1.開発部門

開発はその名の通り化粧品を開発する部門です。

化粧品の品質も年々進化しており、顧客から求められるクオリティも高くなっています。

開発する際もどんな人をターゲットとするのか、解決させたい肌トラブルに合わせた商品開発の企画立案が重要です。

また、開発部門は化粧品会社の中でもマーケティング能力や資格が求められる部門と言えます。

2.営業・事務

営業部門は、デパート・ドラッグストア・百貨店などへ自社の化粧品を販売してもらうための営業を主な業務内容とします。

営業先店舗の店長と打ち合わせをおこない、店舗での販売方法などを話し合います。

事務は契約先の店舗や美容部員からの電話・書類などをまとめるのがおもな業務です。

化粧品の発注・請求書の処理・経理などの作業も事務がおこない、会社の雑務全般を担います。

化粧品会社の事務は、他の企業でも通用するような事務処理能力も必要です。

3.美容部員

美容部員は、店頭で実際に商品を使ってもらう販売員を言います。

顧客へカウンセリングを行ない、抱える悩みなどを聞いてトラブル解決のためのアドバイスなどをしつつ、適確な商品選択をサポートします。

その他美容部員に求められるのは、コミュニケーション能力や勧める商品の選定力など顧客が満足するような販売能力です。

アスリート特化の就職エージェント
アスリートエージェント

体育会系が化粧品会社への就職・転職に有利な理由

美容好きな従業員が多く華やかなイメージがある化粧品会社ですが、実は体育会系の気質も強いことがよく言われています。

では、体育会系が化粧品会社への就職・転職に有利な理由を紹介します。

物を運ぶ仕事も多い

化粧品会社と聞くと店頭で化粧品を売る販売員をイメージする人も多いですが、実は物を運ぶことも多い仕事です。

商品が入った箱を運ぶことも多いため、体力を求められる一面もあります。

また業務中はヒールを履く機会も多いため、脚が疲れやすくむくむこともしばしば。

しかし化粧品会社では、体育会系の部活で培った体力を活かすこともできるのです。

女性社員が多い

化粧品会社は女性社員が8割を超える業界で、ほとんどは女性社会の中で仕事をしていくことになります。

女性社会でも体育会系気質な場所が多く、忙しくて外資との関係も強い会社は特に体育会系気質の傾向があります。

所属する部署にもよりますが、女性ほとんどの世界で業務をこなすことはあらかじめ意識しておくと良いかもしれません。

管理職の体育会系色が強い

化粧品会社の管理職となると、性格的にサバサバした女性上司が多く、物事をストレートに言うなど体育会系気質が強い傾向です。

管理職は下の従業員をまとめたり、上からの要請も聞き入れなければならないなど、ストレスがかかりやすいポジションでもあります。

そのため、部下の業務に対してストレートに発言することもあり、精神的に辛くなることもあるかもしれません。

体育会系は指摘されることに対しての忍耐力があるため、上司からのストレートな指摘に対する耐性も活かせます。

1,000社以上の紹介実績
キャリセン就活エージェント

化粧品会社への就職・転職で活きる資格

化粧品会社で働く際に使える資格があるのをご存知ですか?

化粧品会社に就職する際は資格無くても就職・転職は可能です。

しかし、化粧品販売に関する知識を深めるにも資格は有効と言えます。

では、化粧品会社への就職・転職で活きる資格を紹介します。

化粧品検定

化粧品検定は「一般社団法人日本コスメティック協会」主催の資格試験であり、化粧品の知識を身につけるのにも有効です。

化粧品検定には以下3種類あります。

  • コスメマイスターライト:化粧品の購入時・使用時の基礎知識が身につく
  • スキンケアマイスター:美容の総合知識が試される
  • コスメマイスター:化粧品の基礎知識や化粧品に関する専門知識習得を目指す

化粧品会社に就職したい人はコスメマイスターを取得しておくと、化粧品に関する専門知識も学べるためオススメです。

日本化粧品検定

日本化粧品検定は「一般社団法人日本化粧品検定協会」が実施する検定試験であり、化粧品のほかに美容知識も身につく資格です。

日本化粧品検定には3つ階級があり、低いところから3級・2級・1級とあります。

誰でも受験できる資格で、受験者の多くは美容業界関連が大きな割合を占めています。

コスメマイスター

コスメマイスターは「一般社団法人日本コスメティック協会」が主催する資格試験です。

化粧品に関する基礎知識や、化粧品関連の仕事に活かせる専門知識習得を目指します。

Web試験のため、都合が良い時間で受験可能。

資格取得後の3年後に更新試験を受けなければならないため、更新時期を忘れないよう注意が必要です。

スキンケアアドバイザー

スキンケアアドバイザーは、一人ひとりに合ったスキンケア方法や化粧品選びなどの正しいアドバイスするための資格です。

肌に関する知識が身につくため、化粧品販売時の顧客へのアドバイスに大きく役立ちます。

化粧品販売員・美容部員をはじめ、医療従事者やエステティシャンなど美容関係の仕事に活かせます。

アスリート特化の就職エージェント
アスリートエージェント

体育会系が就職・転職で化粧品会社を選ぶ際のポイント

体育会系の中でも美容業界に興味を持ち、就職・転職活動する人もいます。

しかし、体育会系の業界だからと細かく調べずに就職・転職してしまうと後で後悔するかもしれません。

では、体育会系が就職・転職で化粧品会社を選ぶ際のポイントを紹介します。

業務内容のチェック

先述しましたが、化粧品会社の中でも開発・営業・美容部員とさまざまな役割があり、どの部署へ就職を希望するか明確にすることが大事です。

選ぶポイントとして、

  • 顧客となる店舗に商品を売りたい場合は営業
  • 自社内の運営を裏から支えたい人は事務
  • 販売員として現場で活躍したい人は美容部員

と、自分が挑戦したい役割を明確にすることで就職活動・転職活動もスムーズになります。

給与・有給休暇・手当・福利厚生が充実しているか

化粧品会社でも場所によって福利厚生が違います。

化粧品会社の中には販売ノルマが厳しく、化粧品を自腹で買う人もいるのだとか・・・

また、休みが思ったよりも取れないとの声もあるため、有給休暇・福利厚生・手当は充実しているかも細かくチェックしておきましょう。

業務に見合った給料やボーナスは妥当な金額でもらえるかも重要確認項目です。

離職率はどれくらいか

化粧品会社がブラック体質であるかどうかは、離職率からも読み取れます。

入社してもすぐに辞める人が多ければ、その会社はブラックである可能性が高いです。

またその会社の口コミも見てみて、評価が高ければ就職・転職先の候補に入れ、評価の低い会社は除外するという方法も有効です。

就職してから後悔しないように、離職率の事前調査は力を入れておこないましょう。

1,000社以上の紹介実績
キャリセン就活エージェント

体育会系は化粧品会社と相性が良い!

化粧品会社は体育会系出身者との相性が良いと言えます。

化粧品会社の業務は思ったよりも体力を使う仕事で、女性が多い業界ということもあり、女性特有の体育会系色が強い傾向です。

多くの女性が憧れる美容業界ですが、あらかじめ体育会系のイメージを持っておくと入社後のギャップを抑えられます。

長く美容業界で活躍したい人は、美容業界の体質や必要な資格、化粧品会社で挑戦したいことを明確にしておきましょう!

アスリート特化の就職エージェント
アスリートエージェント