転職

【薬剤師も転職は当たり前?】薬剤師が今後転職するメリットについて

青鬼の兄さん

薬剤師の転職は盛んに行われているのだろうか。

タカシ

薬剤師の転職は盛んとはあまり聞かないがする人はすると思うゾ。

青鬼の兄さん

そうなんじゃな。
確かに頻繁に転職が行われているイメージはないが、転職をする人はするよな。

タカシ

薬剤師は女性が多くて、結婚などで違う薬局へ転職するということはあるな。

本記事は以下のような悩みを持つあなた向けの記事

悩み

転職で給料アップできるのか

悩み

薬剤師の転職でキャリアアップはできるのか

悩み

結婚して引っ越ししたいけど薬剤師も転職は厳しいのか不安

この記事では、上記のような悩みを持ったあなた向けに薬剤師の転職するメリットについて書いてあります。

本記事の内容
  1. 薬剤師が転職するメリット
  2. 薬剤師の転職事情
  3. まとめ

この記事を読めば、薬剤師が転職するメリットや転職事情について知ることが出来ます!

タカシ

薬剤師が転職事情はどのようになっているのだろうか。

薬剤師が転職するメリット

青鬼の兄さん

薬剤師も専門的な職業だから、転職も困らないのではないか?

タカシ

薬剤師も転職する時はしっかり求人を見極めないとブラックな薬局に入ってしまう危険性もある。

日本では薬剤師はまだまだ需要があり、各調剤薬局やドラッグストア、医療機関などから優遇されて転職ができる職業だと言うことが出来ます。

また、キャリアアップを望む薬剤師は大きな病院へ転職する方もいます。

薬剤師の転職するキッカケ
  1. 結婚を機に引っ越すため
  2. キャリアアップのため
  3. キャリアチェンジのため
  4. 人間関係が悪いため

転職するキッカケは様々ですが、薬剤師も他業種と同様にキャリアアップや人間関係などで転職する方が多いということです。

薬剤師は女性多いので、結婚や産休を機に転職も考える方もいるみたいです。

タカシ

薬剤師もキャリアを真剣に考えてキャリアアップを望んだり、キャリアチェンジして視野を広げたりと理由は様々じゃな!

では、薬剤師が転職するメリットをご紹介していきます!

メリット①:転職しやすい

タカシ

薬剤師は資格を有する職業であり、専門的な職業なので転職のハードルはそれほど高くはない

薬剤師は国家資格が必要な職業であり、誰でもなれる職業ではない(受付や会計などの事務業務は除く)ため薬剤師の需要はまだまだあります。

特に地方の調剤薬局やドラッグストアなどは人手不足で人材に飢えているところが多いため、転職はしやすい傾向です。

もちろん、人手は足りていて募集は行っていない薬局などもありますが、それは東京などの人口が集中しているところに多い傾向で、地方の薬剤師の需要はかなりあります!

タカシ

東京で薬剤師として生きていくのはハードル高そうじゃな。

薬剤師を欲している地方は好待遇で迎えてくれる薬局、病院、ドラッグストアは多い

メリット②:専門的な仕事なので業種が絞れる

タカシ

薬剤師としての転職であればかなり的を絞れるな!

薬剤師の転職となると的を絞って転職活動をできるので、割とスムーズに転職活動を進められるかと思います。

薬剤師の主な転職場所
  1. 調剤薬局
  2. ドラッグストア
  3. 医療機関(民間企業)
  4. 製薬会社
  5. 公務員薬剤師(国家公務員、地方公務員)

薬剤師は上記の中で絞って転職活動が出来ますので、あとは希望の条件などを照らし合わせて転職活動を進めるのみ。

薬剤師専門の転職エージェントもありますので、エージェントサービスを使てコンサルタントに相談するのもスムーズに転職活動するにはオススメですね!

コンサルが転職希望者の条件に合わせた職場を探してくれるので、多忙な方は沢山の求人から条件に合った求人を探してくれるエージェントサービスを利用するのをオススメします。

タカシ

転職エージェントは中々忙しくて転職活動する時間がない方にはオススメじゃ!

別の記事で、薬剤師専門のオススメ転職エージェントを3つ紹介した記事がありますのでこちらも読んでみて下さい!

メリット③:給与交渉次第で給与がアップ!

タカシ

人手不足の薬局やドラッグストア、医療機関などは交渉次第で給与アップが可能じゃ!

薬剤師で転職する方の中には高収入を望んで転職活動をする方もいます。

実際に給与交渉して給料をアップに成功した転職薬剤師の方もいるので、転職活動する際は給与交渉もしてみることをオススメします!

ただ、個人的に求人先へ給与交渉することは求人先への印象を悪くする可能性が高いので、先ほど紹介したエージェントに給与交渉を頼んでもらった方がいいです。

給与交渉するために必要なもの
  1. 自分の薬剤師としてのスキル
  2. 求人先に自分を雇うメリットを明確に伝える
  3. 転職エージェントに給与交渉をお願いする

薬剤師は専門的な職業で資格を持っている方しか薬剤師として働けないので、交渉次第で給与アップを叶えられる可能性が高くなります。

人材を求めているところは交渉に応じやすいと思うので、給与交渉お願いするところは人材を募集している薬局・ドラッグストアなどに絞った方が可能性は上がりますね。

タカシ

人手が足りていて募集人員が少ないところよりは、ある程度人員を募集している会社へ交渉をお願いするのがいいな!

交渉は転職エージェントにお願いをしてみよう

メリット④:福利厚生が充実

タカシ

人を求める分福利厚生も充実している職場が多いゾ。

薬剤師の転職で意識するべきところは給与以外にも福利厚生があります。

人材を募集している調剤薬局は福利厚生を充実させているところが多く、好条件で転職できる薬局も結構あるみたいです。

福利厚生の主な内容
  1. 社内、外部研修
  2. 資格取得支援
  3. 家賃手当
  4. 引っ越し手当

人材を求めている地方の薬局は福利厚生がしっかりしている薬局が多いので、前項の給与や福利厚生を求めている方は地方の薬局も視野に入れてみるのも良いですね!

タカシ

給与、福利厚生を求めるなら人材を求めている地方がオススメじゃな!

給与以外にも福利厚生の交渉もエージェントにお願いしてみるのも良い

薬剤師が転職するメリットまとめ

青鬼の兄さん

薬剤師の転職は結構給料や待遇を良くしてくれるところも多いのじゃな。

タカシ

そうじゃな!
それだけ薬剤師の需要がかなりあるということじゃ!

薬剤師はこれからもしばらくは需要がある職業かと思っています。

調剤薬局、ドラッグストアなどの店舗数が増加し、薬剤師の増加率と店舗の増加率を比べると圧倒的に調剤薬局などの店舗が増加率が高いので人材不足に陥りやすくなっています。

都心部は逆に激戦区で薬剤師として都内で働けるだけでもすごい事です。

なので、転職を考えるなら地方の薬局の方が「仕事面・待遇面」は良さげですね!

薬剤師転職の都内と地方の違い
  1. 都内は倍率が高く、地方は倍率が低い傾向(場所による)
  2. 地方の方が待遇良い薬局が多い
  3. 給与も地方の方が高め
タカシ

倍率の低い場所であるほど待遇にも違いが出てくる

今後薬剤師も深刻な人手不足になる?

タカシ

薬剤師の仕事も今後は多様化していくと予想されているので、人手は地方を中心にさらに進むと読んでいる

薬剤師の仕事は将来的に多様化が進んで様々なところで薬剤師が必要とされてくるでしょう。

今後高齢化が益々進み、薬剤師もジワジワ人手が不足していく中で薬剤師を求める薬局が増えていくと思いますし、AIの導入で薬剤師の役割も変わっていくと思うのでそう考えたら人手は必要になりますね!

今後は薬剤師の資格以外にもプログラミングのスキルコミュニケーションスキルなどを磨いていく必要になっていくと個人的に思っています。

薬剤師も他のスキルを求められる時代へ将来的になっていく

もし余裕があれば、プログラミングスキルなども身に着けてなっておいて、近未来のテクノロジーに対応できるようにしておいた方が良いと思います!

最近のコメント