バイト探し

【治験バイトは危険!?】治験バイトの内容・流れを解説

こんにちは、takashiです!

日本には様々なアルバイトがありますが、中には特殊なバイトもあります。

ちょっと変わったバイトであったり、怪しいバイトだったりと様々ですよね。

変わったバイトと言えば、

  • 治験
  • 宇宙医学実験
  • 結婚式へ代理出席
  • 試験監督

など変わったバイトも求人で募集していることもありますよね。

takashi

特殊なバイトは大学生の時にやろうかと思って治験バイトを申し込んだけど、残念ながら落ちてしまったことあったな~。

僕も一度治験バイトに応募したことがあるんですが、残念ながら落ちてしまった過去があります。(笑)

という事で、今回は「治験バイト」について述べていきます!

治験とは?

治験とは、「国に正式な治療薬として認めてもらうために認可前の最終確認として行う臨床実験のこと」です。

治験=実験モルモットの人バージョン?

治験って聞くと「人体実験」みたいな感じで怪しく感じますよね。(笑)

まるで実験モルモットの人バージョンみたいなイメージがあると思います。

takashi

確かに実際に試験薬を服用したり、皮膚に貼ったりするから間違っちゃいない。

確かに薬の試験的段階で実際に人に服用させて、様々なデータを取るのでモルモットと言われてもおかしくはないですが・・・。

被験者に認可前の薬を服用してもらって、データを取り問題ないかチェックするのが治験の目的です。

治験バイトの内容・流れを解説

治験は楽してお金を貰えるという観点から結構人気なバイトとして応募者が多い傾向にあります。

しかし、治験と言っても誰もが受けれるわけではなく、選ばれた人にしか受けられません。

治験を全日程参加するには関門を突破しなければ参加することが出来ないのです。

では、治験の参加条件や実際にどんなことをするのか、治験の流れはどのような感じなのかを4つに分けて解説していきます!

1:治験には事前検診がある

治験は人を使って試験薬を投与させて経過を観察する実験ですので、正確なデータを必要とします。

そこで、治験を受けてもらう前に1度事前検診を受けます。

治験の事前検診の主な内容
  • 問診
  • 身長と体重の測定
  • 血圧測定
  • 採血
  • 採尿・採尿
  • 心電図検査

基本このような内容で治験の事前検診を行っていきます。

事前検診で基準の数値よりオーバーすると落選する

治験で正確なデータを取るためにも、数値が正常な人を治験で採用したいのが治験開催側の思いです。

なので事前検診で正常な基準値より一つでもオーバーしてしまうと事前検診の段階で落とされてしまいます。

takashi

我は事前検診で肝機能数値が基準よりオーバーしてしまったため、落とされてしまった・・・

自分は事前検診の段階で肝機能数値が基準よりオーバーしたということで残念ながら事前検診の時点で脱落となりました。(笑)

やはり治験を受けるにはしっかりとしたデータを取得したいのと、なるべく全ての数値が正常な健全者が好ましいということで、事前検診を突破するには基準を満たす必要があります。

2:治験採用者は後日試験のため入院

事前検診通過者は事前検診終了後、後日本試験のため施設へ入院します。

入院当日の流れ
  1. 入院する前に治験についての説明を受ける
  2. 改めて参加するか否かを決める
  3. 副作用などの説明を受け、同意書にサインする

というような流れになり、最後に副作用の危険性もある上でそれでも参加をするのであれば同意書にサインをして治験の本試験を受ける手続きが完了します。

そのあと病室へ行き、担当の方の指示の下入院生活開始という流れです。

もし説明を受けて、

被験者男性

なんか怖くなってきたし、やっぱ参加するのやめたいな・・・

と思ったら参加辞退することも可能です。

3:治験終了後、退院

治験の全日程が終了次第、退院後の説明を受けてから退院となります。

退院後も経過観察として何度か通院をしなければならない治験案件もありますので、退院したからと言って治験自体が終了になるというわけではありません。

takashi

退院してもまだ治験は終了ではないぞ!

案件によって通院数は変わりますが、退院後も通院を行い治験の終了基準に沿っていれば治験は終了という流れになります。

4:後日、負担軽減費(バイト代)が貰える

治験の全日程が終了次第、参加した際の負担軽減費が貰えます。

これが俗にいう治験のバイト代になり、受け取り方法は手渡しと振込のパターンがあって、案件によって変わります。

治験と言っても長い期間入院するパターンや小刻みに通院するパターンもありますので、パターンに応じて支払い方法も変わります。

takashi

貰えるなら早く貰いたいから手渡しでほしい人が多いと思うゾ。

治験は案件によってはかなりの大金を手に入れられるので、貰うのであれば早く貰いたいのが被験者の正直な気持ちだと思います。(笑)

治験で貰える負担軽減費の内訳

治験で貰える負担軽減費は以下の通りになっています。

治験で貰える負担軽減費の内訳
  • 事前検診(相場3000円~5000円くらい)
  • 本試験(案件によるがおよそ1日10000円~20000円)
  • 事後検診(案件によるがおよそ3000円くらい)

というように、案件にもよりますが治験で貰えるお金の内訳は大体このような感じです。

治験においてやはり「入院する」というのがお金を多くもらえる鍵となりますので、お金がたくさん欲しい方は長期入院型の案件に応募した方が良いですね。

takashi

治験で入院するとまとまったお金が貰えるから中々参加拒否する人はいないよな・・・

治験によっては20万円以上のお金が貰える案件がありますので、貰えるお金が多くても参加を拒否する方はすごく冷静な方です。(笑)

治験はあくまで臨床実験ですので、まだ世に出回っていない状態の薬を服薬することになります。

万が一治験に参加して自分の身に危険が及んでも参加するのは自己責任ですので、大金に目が膨らんで参加しても自己責任となります。

治験バイトの内容・流れを解説 まとめ

治験は楽でしかも高単価なので魅力のあるバイトとして注目されています。

キツイことと言えば採血くらいですかね。

それ以外は基本ベッドの上で生活することになりますので、肉体的・精神的負担がほぼありません。

大学の長期休みや会社の長期休みを利用して参加している方が多いですし、中にはプロ治験者と言って治験で飯を食う猛者もいます。

治験の事前検診までにやっておきたいこと

治験は事前検診を通過しなければ参加できません。

なので事前検診を通過するために対策を練る必要があります。

主な事前検診の対策
  • 事前検診の1週間前には脂物、飲酒は控える
  • 過度な運動は避ける
  • 水をこまめに飲む

事前検診も健康診断みたいなもので、検診の1週間前には規則正しい食生活を心掛けた方がいいですね。

僕は検診の3日前までかなり運動をしていて、アルコールも摂取していたのでそれもあって恐らく、事前検診を通過できなかったんだと思ってます。

なので対策として事前検診の1週間前には徹底して正しい食生活と禁酒、運動を控えて水をこまめに飲んで対策しておきましょう!

治験バイトの内容・流れを解説 まとめ

  1. 治験には事前検査がある
  2. 治験採用者は後日試験のため入院
  3. 治験終了後、退院
  4. 後日、負担軽減費(バイト代)が振り込まれる

参加するかしないかは自己責任で

治験は開発した薬の最終チェックという段階で、まだ世に出されていない薬を人を使ってモニタリングをして、データをとることを目的としています。

まだ国の申請が通ってない薬を服用しますので、安全である保障は100%と言い切れません。

takashi

治験は薬の実験であるから絶対安全とは言い切れない。
そこだけは念頭に置いておいたほうがいいゾ。

もし自分の身に何か起きても自己責任となりますので、お金に目が行ってしまいそうですが、慎重な判断をして参加するか否かを決めてください。

最近のコメント