株式投資

【株式投資初心者必見】株とは?お金が大好きな私が「株」について簡潔に解説!

どうも、ナカタカです!

「株」というワードは多くの方が耳にしたことがあると思います。

日本の会社の多くが「株式会社」として会社運営しているかと思いますが、株って一体どういうものなのかピンと来ない方もいるかと思います。

僕も「株」とはどんなものなのか最近まで知りませんでしたが、お金が大好きな自分にとって知っておかなければいけないと思い勉強しました。

そこで本記事ではお金が大好きな私ナカタカが「株」について簡単にご紹介します!

株とは?

株とは、会社が資金を集める手段です。

株を売って事業資金を集め、事業に資金を投入して多くの利益を出すことを目的とします。

株は株式市場にて取引が行われる

株式は株式市場で取引が行われます。

株式市場は主に東京証券取引所で取引が行われ、日々株の売買が行われています。

株式市場での株の売買取引が行われている市場を流通市場、会社が新たに株式を発行して資金を調達する発行市場があります。

多くの経営者が事業資金を調達するために株式市場にて株を売り、気に入った投資家が株を買うという流れです。

株所有者が株式市場で売買取引するのを「流通市場」
会社が株式を発行して資金調達するのを「発行市場」
という。

株の資金で得た利益は株主に分配される

企業が株主から頂いた資金を基に事業を展開し、事業によって出た利益を株主に分配される仕組みになっています。

もちろん、より株を多く購入した株主に利益が多く分配されます。

株での収益はこの企業からの配当も含まれています。

企業から得た事業利益は株主に分配される

株は会社の利益が上がれば買う人も増えやすい

株は会社の利益の増減で購入する人の人数も変わってきます。

会社の利益が多ければ株を購入してくれる人も増え、利益が思うように出ていなければ購入してくれる人が減りやすいです。

また、将来的に利益を上げてくれそうと期待を込めて株を購入する人もいます。

現状の利益状況と将来性も兼ねて株の売買は行われます。

企業の利益状況によって株を買う人数が変わる

株を購入する人数によって株価も変わる

株の値段を指す株価は、株を購入する人が多いか少ないかで株価も変わってきます。

株価は購入する人が多ければ上昇し、購入する人が少なければ株価も下降します。

株は数に限りがあるので、買う人が増えればその分値段も上がっていく仕組みです。

株価は購入する人数によって増減する

株を購入した瞬間会社のオーナーとなる

オーナーとは、その会社の株を購入している人全員を指します。

オーナーは一番多くお金を投資している人がなるものと思う方もいるかもしれませんが、額関係なく株を購入している時点でその会社のオーナーとなります。

ほとんどは様々な投資家が株を購入しているので合同オーナーとなります。

100%自分のお金で株を購入すればその会社は丸ごと自分の所有物となりますが、株すべてを買い占める人は極僅かです。

大半の人が株を少しづつ投資して、利益状況を見つつ株を売買していきます!

株を1株でも買えばその会社のオーナーとなる

株を購入すれば株式総会に出れる

株を購入すると、株主となります。

そして、株主となれば会社の最高決定機関である「株主総会」に出席することができます!

そして株主総会では、経営者に対して意思表示をすることが可能であり、経営者に質問もすることができます。

何故このように株主総会で経営者に意思表示や質問ができるかというと、株主は会社のオーナーなので経営者より立場的に上なのです。

経営者はオーナー(株主)によって支えられている

経営者は株主が自分の会社に投資をしてくれているからこそ経営が出来ています。

そのため、経営者はオーナーたちによって雇われているわけなので株主は経営者よりも上の立場となるわけです。

日産が2020年2月に臨時株主総会を開き2019年の10月から12月にかけての決算を発表しましたが、260億円の大赤字となってしまいました。

そこで臨時株主総会にて株主が日産の経営陣に対して厳しい意見をぶつけていました。

このように、経営陣に対して意思表示をできるのも株主の特権です。

株主は株主総会で経営陣に意見や質問ができる

株は会社の事業を支えるための投資金である

株式投資は会社に資金を投資して、会社が出した利益を分配してくれる投資ですが、株を購入することで同時に会社へ事業資金が入るため、事業の支援をしているとも言えます。

株価の差額による売買での儲けももちろんありますが、株は会社にとって事業を遂行させるには欠かせないものです。

株式会社が多いのは資金を調達しやすいというメリットがあるためなので、株主の存在が会社にとってすごく大きいものになります。

株は会社の事業を支える気持ちで購入するべし

もし株を購入するときは会社の利益の行方を気にしつつ、会社の事業成功を支えてあげる気持ちで株を購入することが大事になります。

自分が「この会社に投資してみたい」と思える会社に株式投資をして、会社の事業を見守るというのも株主に必要な心構えであると私は思います。

もし株を購入する際は、会社の事業を支える気持ちも持って購入することが結果的に自分へ返ってくるかもしれません。

株を購入する際は、会社の事業を支える意識で購入することが大事

株についての解説は以上となります。

株は知識をつければつけるほどスムーズに売買ができますので、これを機に株式投資に関して勉強をしてみてください!

最近のコメント