転職

【世間でいうクリエイターってどんな仕事?】クリエイターの業種と仕事内容について

青鬼の兄さん

クリエイターとはどういう職業なんじゃ?

タカシ

世間一般では、Web系、ゲームなどの創作者の事を言うゾ。

青鬼の兄さん

なるほどな!
クリエイターの仕事はいくつかの業種に分けられているのか?

タカシ

そうじゃな。
クリエイターと言っても業種はいくつかあるゾ。

こんな悩みをもったあなた向けの記事

悩み

クリエイターの仕事内容を知りたい

悩み

クリエイターの仕事に興味がある

悩み

将来クリエイターになりたい

この記事では、上記のような悩みをもつあなた向けに、クリエイターの業種や業務内容などについて書いてあります。

本記事の内容
  1. クリエイターの業種について
  2. クリエイターの業種の内容について
  3. クリエイターまとめ

今回の記事を読めば、クリエイター業の仕事内容について知ることが出来ます。

クリエイターに興味がある方、Web制作未経験の方でクリエイターに転職を考えている方に参考になるような記事になっています!

タカシ

クリエイターの魅力を知って、是非クリエイターへの就職、転職を検討してみてほしい!

クリエイターの業種について

青鬼の兄さん

クリエイターはどんな業種があるのじゃ?

タカシ

主にWebディレクター、Webデザイナー、マークアップエンジニア、ゲームプランナー、ゲームディレクターを扱っておる。

クリエイターの主な業種
  1. Webディレクター
  2. Webデザイナー
  3. マークアップエンジニア
  4. ゲームプランナー
  5. ゲームディレクター

主にこれらの業種を言います。

主にWeb関係での創作やデザイン、ゲーム制作の企画やゲーム開発に関わる仕事を扱う感じですね。

プログラマーやエンジンアの括りの一つですが、会社運営のためのエンジニアではなく、実際に商品として消費者に売っていくような物を作るのがメインの仕事となりますね!

タカシ

デザインや制作ってすごく楽しそうなイメージがあるのぅ!

では、クリエイターについて業種別に説明していきます!

Webディレクター

タカシ

Web制作に関わるプログラマーやWebデザイナーをまとめる役割があるゾ。

Webディレクターの役割
  1. プロジェクトのスケジュール管理
  2. スタッフ(プログラマー、Webデザイナー)のまとめ役
  3. 品質の管理

Webディレクターは制作プロジェクトのスケジュール管理や制作スタッフを上手くまとめてプロジェクトを進めるような指揮役のことを言います。

Webディレクターが求められるスキルは多く、簡単な役割ではありませんが身に付く知識量が多いのでキャリアアップするには適したポジションです。

Web業界でキャリアアップを目指すならWebディレクターはオススメです!

Web関連で豊富な知識量を身に着けてキャリアを伸ばしたいならWebディレクターがオススメ

Webデザイナー

タカシ

Webデザイナークライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当している人を言う

Webデザイナーは企業や個人から依頼されたサイトデザインに沿って実際にWebサイトを装飾していく技術者の事を言います。

Webデザイナーの役割
  1. サイトの構成、レイアウトを決める
  2. 決めた構成とレイアウトに沿ってサイトを制作
  3. サイトのコーディングを行う

このような役割がWebデザイナーにはあります。

Webサイトの装飾をCSSやHTML、JavaScriptを用いてサイトを作っていき、コンピューターにコードを送ることでサイト内のデザインを装飾してくことができます。

まさにWeb界のアーティストです!

デザインを企画して装飾することが得意な方はWebデザイナーがオススメ

マークアップエンジニア

タカシ

サイト記事の文章構成で見出しタグや文字の装飾を主とするエンジニアの事を言う

マークアップエンジニアはテキストにHTMLコードを入れて、サイト記事の文章を構造化してSEOを意識したWebサイトの文章の装飾をするエンジニアの事を言います。

マークアップエンジニアの役割
  1. 入力されている記事にそれぞれ装飾をつける
  2. 記事のテンプレートを制作して文章を構造化
  3. デザインされた記事の最適化

これらのような役割がマークアップエンジニアにはあります!

オリジナルな記事の構造を作って記事に活用させることがマークアップエンジニアの役目であります。

ユーザーに見合った文章装飾をできるかどうかがマークアップエンジニアの腕が試されるところでもあります。

HTML、CSSを用いて文章の構造を最適なものに仕上げるのがマークアップエンジニアの役目

マークアップエンジニアは元々「コーダー」と呼ばれていた

以前は「コーダー」と言われていた職種ですが、Web制作会社であるビジネス・アーキテクツの森田 雄氏が「コーダー」という言葉はプログラミング言語の意味も含むということで、Web制作とプログラミングを区別させるために「マークアップ・エンジニア」という業種名に変えて広まっていきました。

タカシ

マークアップエンジニアという業種名は元々「コーダー」という業種名だったんじゃな・・・

ゲームプランナー

タカシ

ゲームプランナーはそのまんまの意味で、ゲームを企画する人の事を言うゾ!

ゲームプランナーは、ゲームを開発する際の企画やゲーム制作スケジュール、データの集計や改善などゲームを円滑に開発していけるようにスケジュールや準備などを進行させていく役割を担っています。

ゲームプランナーの役割
  1. 社内会議で企画を通す
  2. スケジュール、人員配置などの準備
  3. プロジェクト実行
  4. 集計・解析・改善

というような役割を行っていきます。

ゲームプランナーは、企画力や思考力が長けていなければ中々務まらない仕事です。

ゲームを設計と企画して、その企画を通してスケジュール通りに制作を実行させるという重要な役割を担っているので、やりがいはありますしキャリアアップにも繋がります!

ゲームプランナーは会社の売り上げに影響させるほどの重要な仕事なので、流行りそうなゲームを開発する創造力が必要

ゲームディレクター

タカシ

実際にゲーム開発を指揮する監督の役割があるゾ。

ゲームディレクターは企画されたゲーム開発を直接指揮する立場であります。

実際にゲーム開発に携わるプログラマー・デザイナーを上手くまとめて開発を円滑に進ませる役割を担っています!

ゲームディレクターの役割
  1. 企画されたゲーム開発の指揮をとる
  2. プログラマーやデザイナーなどの技術者をまとめる
  3. 円滑に開発ができるように適切な指示を出す

ゲームディレクターの役割はゲーム開発の現場監督です。

現場監督は開発中のゲームを計画通りに進めるようにまとめる重要なポジションですので、現場をまとめる能力が試されます。

率先して開発の指揮を執ってキャリアをアップさせたい方はゲームディレクターもオススメです!

チームとして指揮を執る監督の立場でゲーム開発を進めていくのがゲームディレクターのやりがいである

クリエイターまとめ

青鬼の兄さん

クリエイターってなんだかすごい世界じゃな・・・

タカシ

まあ、専門的な仕事のイメージがあるからな。

クリエイターはWebにおいてのデザイン装飾であったり、企画の設計、開発の創始者など創作に関わる仕事が主な内容となります。

ものづくりに似ている部分があり、創造力、発想力、思考力などがクリエイターには必要になります。

デザインやイメージ力が長けており、Webに関することが好きだったりゲームが好きな方に合っている

クリエイター転職ならマイナビクリエイター

タカシ

クリエイター転職する時はマイナビクリエイターがオススメじゃ!

マイナビクリエイターはクリエイター転職する時にオススメする転職エージェントです!

求人数、クリエイター転職のノウハウ、キャリアアドバイザーなどサポートが豊富で、充実した転職活動をサポ―トします。

マイナビクリエイターに関しての記事も書いてますので、是非読んでみて下さい!

takashiの小言

タカシ

日本に普及されているゲームはゲームプランナーが企画し、ゲームディレクターが計画を実行して作られていると言う事を知れたゾ!

今私たちの下にゲームが広まっているのはゲームのクリエイターが企画、開発しているからゲームというものが世の中に広まっています。

ゲームを開発するってものすごく企画力がいりますし、ゲームのストーリーや内容なども計画、設計して開発に進んでいく。

当たり前にゲームが沢山出ていること自体すごいことなんだと改めて実感することが出来ました。

これからも時代が進み、さらにクオリティが上がっていくことでしょう.

PS5はどんなクオリティーになるのか、楽しみですね(笑)

最近のコメント