仕事

【コロナの影響で世界経済に大打撃】今後新たにコロナの影響が出そうな業界4選

おはようございます。takashiです。

現在、コロナウイルスの影響で経済的な打撃を与えられている会社が増えてきています。

それもかなりの大打撃で、世界経済に大きな影響が出ています。

ここまで経済にも影響するなんて誰が思ったことでしょうか。

takashi

コロナ拡大が経済にここまで影響するとは・・・・

最初コロナウイルスが発生した時は中国で相次いで人が感染し、武漢が事実上の封鎖となりました。

さらにコロナウイルスは瞬く間に世界に広がっています!

コロナウイルスの感染被害が出ている主な国
  • イタリア
  • 韓国
  • イラン
  • スイス
  • 中国
  • スペイン
  • フランス
  • オランダ
  • ドイツ
  • イギリス
  • 日本
  • アメリカ etc…

上記の国以外にもコロナウイルスの被害が出ており、世界的にダメージが大きいです。

今後もさらに感染が広がっていく恐れがありますので、マスク着用を始め手洗いうがいを徹底的に行いましょう!!

さて、現在コロナウイルスが感染力をさらに強めている中で数々の企業が大打撃を受けています。

コロナウイルスの影響で大打撃を受けた主な業界
  • 航空業界
  • ホテル・宿泊業界
  • 観光業界
  • イベント業界

など、主に航空業・ホテル・宿泊業・観光業・イベント業と海外からの観光客が激減したことやクラスター感染防止によって大損害が出ています。

ホテル業界では億単位となる損害が発生し、頭を抱えるホテルや宿泊施設が激増しています。

こうなると全国的に観光スポットのあるホテル・宿泊業界は大きなダメージを受ける可能性が出てきています。

高校野球では春の選抜が中止となり、宿泊を予約していた各高校や選抜観戦者の予約が一気にキャンセルになったということで宿泊業のダメージは相当なものとなっていきました。

また、イベント業界も多大なる損害が出ているとのことです。

イベント会社を運営している友達がいまして、話を聞いたら「相当やばい」と言っており、「このままだと会社が潰れてしまうかも」とまで言ってました。

各イベントも相次いで中止となっていき、中止によるイベント業界の損害もはかり知れません。

一刻も早くこの大苦境を乗り切り、また通常の状態に戻ることを祈るばかりです・・・

では、今回のコロナの拡大に伴って今後新たに影響が出てきそうな業界4つとその理由について述べていきます。

今後新たにコロナの影響が出そうな業界4選

コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けている企業が出てきています。

今後もコロナの影響を受けて損害を被る企業が出てくる恐れがあります。

何とかコロナの拡大が収まって影響がこれ以上出ない欲しいですが、ニュースでも報道していた通り、コロナの感染力が凄まじく急速に感染を広げていきます。

感染が広まっていくということはそれだけ企業にも影響していくという事です。

takashi

僕の会社は幸いにしてコロナの感染者はまだ出ていませんが、いつ感染者が出てもおかしくない状況は変わりません。

各企業で感染拡大を阻止するため、マスクと消毒液の徹底を心掛けている会社は多いと思います。

しかし、感染予防とウイルスの感染スピードのどちらが速いかで感染する範囲は決まってきます。

もうすでに影響が出てきている業界が出ている中、今後も感染が広がっていけば影響が出てくる会社がでてくることでしょう。

では、もし今後もさらに感染が拡大した時に影響が出てきそうな業界を4つ上げていきます。

1:鉄道業界

コロナウイルスの影響で各交通業界が打撃を受けているなか、鉄道は何とか運行を行っています。

関東近郊でも、JR東日本を始め各私鉄も今のところ通常通り運行していますが、もしコロナウイルス感染拡大の影響で電車の運転士が感染にかかった場合は本数が減らされるか最悪の場合運行中止にまでなる恐れも。

そうなると各業界のサラリーマンの通勤が著しく困難となりかなりの企業に影響が及ぶでしょう。

鉄道会社がもし運行を休止すると予想される損害額は1000億以上は見込めるかと思います。

3月の初めにJR東日本がコロナによって運輸収益が110億円押し下げたとニュースサイトの「 乗りものニュース」で取り上げられていました。

コロナウイルスの影響は鉄道関係にも影響が出てきているので、今後感染拡大に伴って鉄道の運行やダイヤが一時的に変わる可能性もありますので、日々のコロナウイルスについての動向はしっかりと見ておいた方がいいですね。

会社や学校は自粛されているのに満員電車は通常通り

鉄道の一番恐ろしいところは「コロナウイルスが感染拡大しているのに電車は変わらず満員」であるというところですよね。

今ニュースで良く「クラスター感染」と言われていますが、満員電車こそクラスター感染の格好の場となり、一人がウイルスに感染していれば瞬く間に車両に乗っている乗客に感染していきます。

最近ライブ会場で何人か感染が確認されたとニュースでやっていましたが、ライブで感染するということは当然電車でいつ感染してもおかしくはありません。

だからこそ、できるだけ満員電車にならないように創意工夫をしていかなければいけません。

各企業による「フレックスタイム制」の導入や「時差出勤」など電車が込み合うのを極力避けて通勤できるようにした方が良いと思います。

もう実行している会社も出てきていますが、まだまだフレックスタイム制を導入で来ていない会社もあると思いますので、可能な会社はフレックスタイム制と時差出勤を導入した方がいいですね。

2:飲食業界

コロナの影響を受けそうな業界の2つ目として「飲食業界」が挙げられます。

居酒屋などはいろんな人が集まるところなので感染の恐れも否定できません。

都会の飲食店であればあるほどお客さんも多いと思いますし、様々な人とすれ違うので感染のリスクは高まります。

一人でも飲食店でコロナウイルスが出たとなればその店はしばらく閉店となる処置を取らざるを得ない状態になるかと思います。

このような状態になってくると飲食業界の利益も大幅に下がりますし、最悪の場合店舗を撤退させるしか方法は無くなります。

店舗が減ってしまうとその分売上も落ちてアルバイトさんを路頭に迷わせてしまいますので、お店でもコロナ対策は徹底していきたいところですね。

飲食店の来店客は皆マスクを外す

飲食店はお客さんがお店の料理を食べたり、ドリンクを飲んだりする場所なので当然マスクを外します。

その時にウイルスを体内に入れてしまう可能性も少なからずあります。

特にもう感染していた方が店に来店した場合、周辺のお客さんに感染させるリスクも少なからずあります。

マスクを着けているから感染はしないと言い切れませんが、マスクを外す人が多くなる飲食業界では感染のリスクもあるということを肝に銘じておかなければなりません。

3:医療機関

即に影響が出ているかと思いますが、病院は感染のリスクも高い場所でもあったりします。

コロナウイルスの治療に当たっている看護師さん、お医者さんはコロナウイルスの患者さんに常に付いていなければいけませんし、病棟という空間でコロナウイルスの治療に当たっていた看護師さんは感染リスクを上げてしまいますね。

  • 病院だから大丈夫でしょ
  • もしかかったとしても他に医者の方がいるから大丈夫

と軽く見すぎてコロナウイルスに感染してしまう恐れもあります。

病院は最善な対策はしているかと思いますし、実際にどういう人がなりやすいかもある程度は把握できているかと思います。

病院で感染者が増えてしまうと治療の目的のハズが感染が広がって病院の機能が果たさなくなるのは怖いですね。

患者さんは隔離させるみたいですので、いかに感染の拡大を阻止するか。

患者を支える看護師さんやお医者さん自身がウイルスにかかってしまうと治療に充てなければいけない患者さんの対応ができませんし、動ける医者が減ることによって治療不足に陥る患者さんも出かねません。

病院内でのクラスター感染は何としても避けたいところですね。

4:バス業界

街を走る市営バスから観光のための観光バス業界も大きな影響がでます。

外国からの観光客が激減し、それでも経済的に大打撃なのに日本でもバスを使わない人が多くなってきている事実。

観光バス業界は大きな損害を被っている会社が出てきており、倒産寸前のバス会社も出てきているとニュースでも報道されています。

観光バスは外国人観光客を乗せる度に利益を上げていた中、外国人観光客が激減したことによって予定していた収益からかなり遠ざかる状態に陥り、倒産寸前の会社が出てきました。

このようにバスも含めた観光業は苦境に立たされています。

リストラや給料減給、ボーナスカットに・・・

バス会社の中にはコロナの影響で景気が悪化して数人解雇する会社も出てきており、職を失う人も出てきています。

他の会社でもコロナ不況によってボーナスカットや給料減給など、社員たちにとってとても苦しい状況に立たされることになりました。

コロナショックで仕事を失う人が増えるとなると、失業者も今後さらに増加していく恐れもあります。

今後新たにコロナの影響が出そうな業界4選 まとめ

コロナの威力は凄まじいです。

あっという間に感染を広げていくとっても怖いウイルスです。

このウイルスのせいでどれだけの方が職を失い、会社が倒産しているか。

まさか病原菌が世界に広がって会社を解雇されたり倒産したりするのは誰が想像できたというのでしょうか。

今後もコロナの影響は出てくる可能性は高いので、できる限りのベストを尽くして予防に努めていきましょう。

不景気だからこそ団結を

コロナの影響で突然の不景気に追い込まれた企業が多く、今も倒産寸前の企業が存在していることかと思います。

しかし、こういうときだからこそ一致団結してコロナ不況を乗り越えていくのが大事になります。

今はどこも苦しいです。

会社を何とか存続させるので精一杯の会社もあるので、そんな時こそ手を差し伸べてあげられるような団結を各企業の間で行うことが、コロナ不況を乗り切る最善な方法かと思います。

企業間の団結は日本の暗いニュースをフっ飛ばしてくれます。

団結も簡単ではありませんが、こういう時こそ国のレベルが試されています。

どうか一度団結してこの苦境を乗り越えていきましょう!!

今後コロナの影響が出そうな業界4選 まとめ

  1. 鉄道業界
  2. 飲食業界
  3. 医療機関
  4. バス業界

正しい情報を入手し、今後の動向をチェックしましょう

コロナウイルスは今後どのような展開を見せるかわかりません。

収束するかもしれないし、さらに感染拡大していくかもしれない。

ここはもうできる限りの対策を行って少しでもコロナにかかる確率を下げるために生活習慣を見直していきましょう!

また、ちょっとでも風邪っぽい症状出てきたら即受診です。

早期発見が症状を軽減させてくれます。

経済は人の動向次第で変わっていきますので、なるべく変動がないようにしていきたいところです。

今後の国の対応に注目していきましょう!

手洗いうがいマスクしっかりしていきましょうね!

最近のコメント