仕事

【必見】長時間デスクワークは要注意!長時間のデスクワークが体に悪い理由5選!

おはようございます。takashiです。

日本には多くの商社ビルが建っており、そこにはデスクワークサラリーマンが働いています。

サラリーマンの中でもデスクワークの人が多く、ほぼ毎日デスクにあるパソコンと睨めっこしながら仕事をしています。

僕自身もITエンジニアとして週5日デスクワークでパソコンをカタカタやっています。

去年の4月から完全にデスクワークになってそろそろ1年が経とうとしていますが、今まで体を動かす仕事からほぼ動かないデスクワークになって色々感じたことがあります。

それは、デスクワークは健康に良くないということです。

デスクワークになってから自分の体に変化が出てきたり、デスクワークならではの怖い病気のことまで知ることが出来たので、今回は長時間座るようなデスクワークは何故体に良くないのか理由を5つ述べていきます!

この記事を機に、デスクワークの方々には改めて健康に気を使っていただけたらと思います!

長時間のデスクワークが体に悪い理由5選

今回は「長時間のデスクワークが体に悪い理由5選」と言うテーマということで、デスクワークは動かないので身体的疲労は残りにくいですが、その分違ったところで体に負担をかけています。

それが長時間となると飛んでもない病気まで患ってしまうことも・・・

では、何故長時間のデスクワークが体に悪いのか理由を5つ述べて参ります!

1.猫背になる

デスクワークは、基本椅子に座って仕事をします。

デスクにある業務用PC端末で日々業務を重ねていくデスクワーカーですが、デスクワーカーにまず起こりやすいのが猫背です。

デスクワークの場合、椅子に背もたれがありますが、背もたれを活用している人はそんなに多くはないと思います。

どちらかと言うと前傾姿勢のような状態になり、段々背中が曲がってきます。

それが日々積み重なっていくと無意識のうちに背中が曲がり、普段歩く時も背中が曲がった状態になってしまいます。

猫背は日々の姿勢が積み重なっていってなるものなので、できるだけ体をデスクに近づけ、背中が曲がらないように背もたれを利用しパソコンを少し見下ろすくらいの位置でパソコン操作を心がけましょう。

また、合間に少し経って伸びの運動をした方が良いですね!

背筋を伸ばして伸びを行うことで曲がった背骨を元に戻すことができます。

普段デスクワークをしている方は背骨が曲がらないように適度に伸びをしていきましょう!

2.太りやすくなる

デスクワークの仕事は体をほとんど動かさない仕事なので、エネルギーの消費も落ちます。

そうすると消費カロリーが少なくなるので、太る人が多いです。

もしかしたらデスクワークの職場の半分くらいは肥満の人がいるのではないでしょうか?

体質にもよりますが、デスクワークで且つ食べる量が多い人はすぐ太ってしまうかもしれません。

僕自身もデスクワークになって結構太りました。

元々野球をやっていて、動いていたのでその分たくさん食べなければいけませんでしたが、今は全く動かない仕事なのにも関わらず食べる量はそんなに変わらないのでカロリーが消費せず、すぐ太ってしまいます。

【訳あり】DHC プロティンダイエット リゾット(15袋入*2箱セット)【DHC サプリメント】

デスクワークの人こそ定期的に運動を行い、少しでも消費カロリーを増やしていきましょう!

3.尿管結石になりやすい

尿管結石は、腎臓で作られた結石が尿管に詰まる症状で、計り知れないほどの激痛を味わうのだそうです・・・(汗)

僕自身もまだ尿管結石にはなっていないので実際にどこまで痛いのかわかりませんが(わかりたくもない)、かなりの激痛が生じて救急車を要請するほどのレベルみたいです。

そんなに痛いのかと想像しただけでゾッとしますが、この尿管結石は実はデスクワークの人に多いのだそう。

立ち仕事や体を動かす仕事であれば尿管結石はなりにくいですが、体を長時間動かさないデスクワークだと腎臓にできた結石が大きくなっていき、その結石が尿管を通ろうとすると尿管で引っかかて尿管を圧迫し、激痛を生じさせます。

ちなみに僕が勤めている会社では尿管結石になったことのある人がチラホラおり、尿管結石は他人事ではないと実感させられました。

尿管結石にならないための予防として、

  • 水を1日2リットルから3リットル飲む
  • 1時間座ったら休憩がてら歩く
  • 日ごろから少しでも運動する

これだけで尿管結石は予防できます。

なぜ「水を1日2リットルから3リットルを飲んだ方が良い」かと言うと、水分摂取量が少ないと尿の濃度が高くなり、濃度が高いと尿に含まれる水分が少ないということなので、結石ができやすくなるということです。

なので尿の濃度を低くして水分の多い尿にするために多くの水分が必要になるということです。

ちなみに僕も一日2リットルは飲むようにしています。

1日2リットルも飲めば、腎臓の動きも活発になりトイレに行く回数も多くなります。

その結果、結石は出来づらくなります。

なのでデスクワークの方々は意識して水を多く摂取することを心がけましょう。

砕石茶 チャンカ ピエドラティー エリミドール 100g(5g×20パック) 【あす楽対応】

4.肩が凝りやすくなる

デスクワークは、長い間ずっと同じ姿勢でいることが多いです。

動かすのはほぼ指先だけ。

腕から足まではほとんど動かさないのでどうしても体が固まってきます。

さらに姿勢が悪くなってくると、首回りに負担がかかってくるので肩が凝りやすくなります。

肩こりが悪化すると血行が悪くなるので頭痛をもたらしたり、さらには腰にも痛みが生じてきます。

デスクワークの人は特に首回りをよくほぐして筋肉が固まっていかないようにした方が良いでしょう。

また、眼精疲労から来る肩こりもありますので、目の疲れも取るようにしてなるべく体に負担のかからないように工夫していきましょう。

せやねん で紹介ルルド ハンディマッサージャー リラミンゴ AX-KXL3200アテックスルルド ATEX 指圧 首、肩、腰 肩こり 腰痛 マッサージ 沖縄・離島追加請求あり ギフト プレゼント ラッピング無料 ホワイトデー 【楽ギフ_包装】

5.大腸ガン、脳梗塞、心筋梗塞のリスクが増加

これまで座りすぎると起こる体の悪影響について述べてきましたが、最後に座りすぎると「命」に関わることについて述べていきます。

座りすぎは体には良くないとは聞いていたけど、まさか死ぬリスクが高まるなんて思わなかったという方がもしかしたら多いと思います。

人は1日におよそ11時間以上座ると命に関わるような病気を引き起こすリスクがあるというような研究結果が出ているみたいです。

座りすぎによる命にかかわるような病気の代表例として、

  • 脳梗塞・心筋梗塞
  • 大腸ガン

と言った病気をも生む危険性もあると指摘されています。

脳梗塞・心筋梗塞

脳梗塞は、動脈硬化により脳の血管が詰まったり、脳の血管が切れて脳出血を起こして引き起こされる病気です。

長時間座っていると、体の筋肉のおよそ7割を占めている下半身の動きが無くなるため、血中にある糖を取り込む力が弱まり血流が悪くなって心臓、脳へ血が戻るスピードが落ちていきます。

その結果、生活習慣病である糖尿病や肥満、最悪の場合脳梗塞や心筋梗塞まで引き起こしてしまうというとても恐ろしい病気までに発展してしまう可能性があるんです・・・

太ももやふくらはぎの筋肉は人間の筋肉の大体を占めますので、その下半身を使わないで放置しておくのはよろしくないですね。

【第2類医薬品】【4月25日までポイント5倍】高血圧の随伴症状・血圧が気になる方剤盛堂薬品ホノミ漢方 サイロ900カプセル【ドラッグピュア楽天市場店】【RCP】

大腸ガン

長時間座っていると大腸ガンのリスクが増加するって話は聞いたことありますか?

デスクワークのように長時間椅子に座っていると大腸ガンのリスクが増加する研究データもあるみたいです。

座ることで下半身の血流が悪くなり、その結果血中の糖や脂肪が吸収されずゴミとして残っていきます。

その残ったゴミが体内で悪性と化していき、大腸ガンとして表面化していくということです。

しかも、座っていると大腸が圧迫される状態になるので、大腸の働きも弱くなっていって便秘も引き起こしてしまうことがあります。

座りすぎは大腸にも良くないので、定期的に運動して大腸の動きを活発にしていくことが大事になってくるかと思います。

【送料無料】DEMECAL(デメカル)血液検査キット 男性向けがんリスクチェッカー WB6044-0022【がん検査・検査セット・郵送検査・自己採血・簡単検査・病気検査・病気発見・癌検査】

長時間のデスクワークが体に悪い理由5選 まとめ

今回は長時間座るといかに体に悪いかということについて述べてきましたが、結論は立つのと座るのバランスを均衡に保てばいいのではないかと思います。

なんでもやりすぎると良くないと言ように立ちっぱなしでも疲れるし、座りっぱなしでも健康に良くない。

なら立つと座るのバランスを均衡に保てば一番健康的に良いのではないかとふと思いました。

人間は立った方が健康のメリットは大きいと思いますが、デスクワークとなると中々頻繁に立つのが大変だと思うので、せめて1時間働いたら休憩でトイレに行くとか職場はエレベーターは使わないなど工夫をして運動不足を解消していきましょう!

普段から走ったり筋トレしたり運動しよう!

長時間デスクワークのサラリーマンは、太ももやふくらはぎが弱っている方が多いと思います。

「普段からジム言ってるよ!」と言う方なら大丈夫かもしれませんが、人間にとって下半身が鈍るというのはどれだけダメージがでかいか。

下半身が弱ると自分の体が弱るのと一緒で下半身は人間にとって大事な土台です。

その土台を弱らせると将来年取った時に寝たっきりになったり、杖を突かないと歩けなくなったりするなど苦労をします。

なので自分の老後のためにも筋トレ、ジョギングは定期的に行うようにしましょう!

ミズノ メンズ ランニングシューズ ジョギングシューズ ウエーブライダー22 J1GC1831

長時間のデスクワークが体に悪い理由5選 まとめ

  1. 猫背になる
  2. 太りやすくなる
  3. 尿管結石になりやすい
  4. 肩が凝りやすくなる
  5. 大腸ガン、脳梗塞、心筋梗塞のリスクが増加

姿勢・運動・水分は意識するべき

デスクワーカーにとって「姿勢」「運動」「水分」はかなり大事な習慣になってきます。

これら3つで大病を予防はできるかと思います。

僕は職場で2リットルのペットボトルの水を飲んでいます。

何故なら、尿管結石になりたくないからですね。

大病になってから気づくのではなく、大病を患う前に予防をすることで健康を維持できます。

デスクワークの皆さま、どうか健康を維持できるようにやれることはやっていきましょう!

最近のコメント