ブログ

【解説】Google Adsense審査突破には必須!?プライバシーポリシーの設定法について解説!

こんにちは、takashiです。

前回の記事で「【ブログ初心者必見!】Google Adsenseとは?審査に通過するためにやるべきことまとめ」というテーマでGoogle Adsenseについてお話しました。

Google Adsenseに申し込む際前に、いくつか前準備をした方が良いということで前回お話しましたが、必要な前準備の一つとして「プライバシーポリシー」の設定があります。

下記のツイートをしました。

https://twitter.com/takablog2/status/1231065475087388672?s=20

プライバシーポリシーの設定があるかないかでGoogle Adsenseの審査に影響すると僕自身は思ってます。

現にプライバシーポリシーをしっかり整えて再度Google Adsenseに申し込んだら無事合格した経緯がありますので、プライバシーポリシーの設定は審査の合格基準に影響があると踏んでいます。

今回はプライバシーポリシーについての解説と、プライバシーポリシーの書き方について紹介していきます!

プライバシーポリシーってなに?

では、プライバシーポリシーとは何ぞやと言うところで、以下を見て頂きたいです。

プライバシーポリシー (英語: privacy policy) は、 インターネットウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。個人情報保護方針などともいう。

引用元: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%BC

プライバシーポリシーというのは、簡単に言えば、

タカシ

自分のサイトではアフィリエイトサイトやグーグルアドセンス広告を使っています。
あなたの興味を持つような広告を多く出していきたいから「Cookie」と言うのを使って他サイトでもなるべく興味が湧きそうな広告が出てきますよ!

あと、ここのサイトはアクセス数などを解析するためにGoogleアナリティクスっていう解析ツール使ってるんだけど、訪問者のアクセス数を調べたいから個人情報を収集する形になるけど、決して個人を特定するものではないから安心してね!

と言うような自分のサイトに関しての安全性などを読者さんへの証明みたいなものです。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版] [ のんくら(早川修) ]

解析ツールであるGoogleアナリティクスで訪問者数を把握するために個人情報を集めているということになります。

個人の名前や住所、電話番号など細かい個人情報を収集しているわけではありませんが、個人情報を集めているのは変わりないのでこうしてプライバシーポリシーに記載しておかなければいけません。

集めた個人情報をどのように利用するかを記載しておかないと悪用されると思われても仕方ありません。

しかし、中には訪問してきたユーザーの個人情報を悪用したりする人も世の中には存在しますので、自分のサイトはそんな悪意に満ちたサイトではないという証明としてプライバシーポリシーを設定するのです。

今の世の中ネット犯罪なども増えてきていますので、できるだけ安全性を証明して安心してブログページを満喫してほしいという思いから設定するものでもあります。

Google側も安全性に配慮したページに広告を出したい

広告を提供するGoogle側も安全性が確認できないようなサイトへ安易にAdsense広告を出したりはしたくありません。

なのでなるべく安全性に考慮しているサイトに広告を出したいと思っています。

そこで、あらかじめプライバシーポリシーを定めているサイトであればGoogle側も安心して広告を提供することが出来ます。

本当に稼げるGoogle AdSense 元Google AdSense担当が教える/収益・ [ 石田健介 ]楽天で購入

プライバシーポリシーはGoogle側を安心させるためにも設定した方がいいですね!

いかにGoogleから安全なサイトであると思ってくれるかです。

プライバシーポリシーの設置について

さて、プライバシーポリシーを設置することは大事だということがわかったところでではどうやって設置すればいいのか。

設置は固定ページに記載したり、あらかじめテンプレートが付いてあるのもありますので、それを編集して掲載する方法もあります。

一番無難な方法なのが、固定ページに設置する方法ですね。

プライバシーポリシーの記載する内容は?

プライバシーポリシーに記載する内容として、先ほど出てきた解析ツールでどのような訪問者が来ているのか情報を収集するという話で、情報取集する際に
「Cookie」という訪問したユーザの情報を保存するシステムで個人情報を収集してるということをプライバシーポリシーに記載しなければいけません。

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術【電子書籍】[ 染谷 昌利 ]

Cookieはユーザによって無効にできますので、そのことも記載しなければいけません。

コピペで固定ページに貼りつけて編集が手っ取り早い

プライバシーポリシーはあらかじめ掲載されているものをコピペして、自分で編集して設置をするのが楽な設置方法です。

では、実際に自分が設置しているプライバシーポリシーのテンプレートです。

使用しているテンプレート

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイト、◯○、◯○)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人である△△△が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

※○○の部分に関してはテンプレートに記載されているアフィリエイト以外のアフィリエイトサイトのサイト名を入れるときに自分で編集していれてみてください。

※△△△の部分に関しては、サイト運営者の指名を記載してください。

このテンプレートで自分はGoogle Adsense審査を無事に突破できました!

自分が現在このサイトに設置しているプライバシーポリシーはこちら!

ちなみに僕はプラポリの設置に際して参考にしたサイト「アドセンス一点集中企画」の「【2019年コピペOK】グーグルアドセンスのプライバシーポリシーテンプレート(ひな形)書き方の例 2020年2月」という記事を参考にしました。

こちらのサイトはGoogle Adsenseに関して特化したサイトなので是非参考にしてみてください!

プライバシーポリシーは難しく考えなくても良い

プライバシーポリシーと言うと結構難しいイメージが先行してしまうかと思いますが、今やテンプレートですぐ設置完了してしまいますしプライバシーポリシーを設置する意味も調べればすぐわかります。

これでプライバシーポリシーは問題ないかと思いますので、あとは記事数の量産や記事の中身がある程度しっかりしていればGoogle Adsenseの審査は通ると思います!

Adsense審査突破へ向けて頑張っていきましょう!!

Google Adsenseの申し込み・審査についてはこちらの記事で紹介しています!
             ↓    ↓    ↓

最近のコメント