キャッシュレス

【キャッシュレス決済初心者必見】お金が大好きな私がQRコード決済のメリット・デメリットについて簡潔に解説

どうも、ナカタカです!

現代キャッシュレス化が進む世界の中で、次第に現金を持ち歩く必要がなくなりつつあります。

私も支払いはほとんどQRコード決済かたまにクレジットカードと変えています。

キャッシュレス決済をすることのメリットを大きく感じることが出来てきたのがキャッシュレス決済をメインとした主な理由です。

本記事では、お金が大好きな私がQRコード決済を利用するメリット・デメリットについてご紹介していきます!

QRコード決済のメリット・デメリット

QRコード決済は支払い時にバーコードを見せ、店員さんがバーコードリーダーでバーコードを読み込んで支払う方法です。

私も使ってて思いますが、QRコード決済にはかなりのメリットがあると常々実感しています。

では早速QRコード決済のメリットについてご紹介していきます!

QRコード決済のメリット①:会計が非常にスムーズ

買い物や外食などをする際に必ずレジで会計をします。

会計の際の支払いで、多くは現金で支払ってお釣りがあれば返すといった流れが一般的です。

しかしQRコード決済であればお店側もお釣りを渡す必要なく、会計処理がスムーズにいくのがメリットです!

スマートフォンさえあればOK!

QRコード決済はスマートフォンさえあれば支払い可能です。

スマートフォンの画面にQRコードを表示させ、バーコードリーダーで読み込めばそれで支払い終了。

財布いらずなのでスマートフォン1台で買い物も外食など様々な決済が可能となります!

QRコード決済のメリット②:現金化までが短縮される

QRコード決済は業者側にとってかなりのメリットがあります。

キャッシュレス決済にはクレジットカード決済もありますが、クレジットカー決済だと現金化がカード会社設定の締め日後なので時間がかかります。

しかし、QRコード決済であれば決済後最短翌日で入金が可能なので、業者業者側にとってメリットです!

速く現金が入れば、さらなる事業展開もスムーズに行えるのが大きいポイントです。

QRコード決済のメリット③:犯罪が減る

日本でも現金を盗まれる事件が起きており、窃盗事件などがニュースで報道される時があります。

窃盗事件のほとんどは現金が盗まれているイメージが強いですが、QRコード決済にするとスマホ1台で決済が可能になるので現金やキャッシュカードを盗まれる事件が減少します。

窃盗などのお金が盗まれる犯罪が減るのもQRコード決済のメリットになります!

QRコード決済のメリット④:決済以外の機能も使える

QRコード決済をする際はQRコード決済アプリを使用します。

私は主にPayPayやLINE Payを使用していますが、これらのアプリは決済以外の機能がありとても充実しています。

PayPayの機能であれば、

  • ボーナス運用
  • 請求書支払い
  • PayPayフリマ
  • タクシー配車
  • ローン
  • Uber Eats

など使える機能が多様で非常に便利です。

ポイントも貯まるのでQRコード決済はオススメですね!

QRコード決済のデメリット

メリットだらけのQRコード決済ですが、デメリットも存在します。

QRコード決済だからこそのデメリットという言い方が正しいかと思いますが、QRコード決済のデメリットもしっかり踏まえた上で使用すると良いでしょう。

では、QRコード決済のデメリットについて解説していきます!

QRコード決済のデメリット①:スマホがバッテリー切れだと使用できない

QRコード決済はスマホを用いて行います。

スマホの画面にバーコードを出し、お店側がバーコードリーダーで読み込むか、こちらがお店で準備しているバーコードを読み込むことで支払いができる仕組みです。

しかし、QRコード決済はスマホありきの支払い方法なのでスマホが充電切れだと使用できません。

QRコード決済を用いる場合は充分な充電を確保しておく必要がありますので、あらかじめ充電が切れても大丈夫なように備えておかなければいけません。

QRコード決済のデメリット②:決済アプリに障害が生じるリスクがある

会計時のスムーズな決済が魅力なQRコード決済ですが、QRコード決済は基本決済アプリを使用して行います。

そのため、もしQRコード決済アプリに障害が起こるとQRコード決済ができなくなるリスクがあります。

しかもいつ障害が起こって使えなくなるか分かりませんので、突然QRコード決済アプリが使えなくなるリスクもあるのがデメリットとなります。

QRコード決済のデメリット③:ジェネレーションギャップが生じる

QRコード決済の普及はデジタル化が進んでいる象徴とも言えます。

デジタル化が進んで世の中の利便性が高まり、今後はさらに利便性が高くなっていく世の中となっていくでしょう。

しかし、デジタル化が進んでいくにあたってジェネレーションギャップが生じるリスクもあります。

特にデジタル製品に慣れていないシニア層や、デジタル製品にあまり触れていない層だとQRコード決済を上手く使いこなせないリスクもあります。

時代が変化していくにあたって、時代の進化に遅れを取らないようにしていかなくてはいけません。

QRコード決済のデメリット④:アプリを管理している企業に使用履歴を見られる

QRコード決済アプリは企業が開発したアプリです。

そのため、QRコード決済の使用履歴が企業側に流れるリスクがあるのもQRコード決済のデメリットとなります。

どのような支払いに使用したのかが丸裸になるとプライバシーの問題にも繋がっていきます。

中国では個人の決済データを用いている

中国は政府が個人のQRコード決済時のデータを管理し、円滑な運用を目指すべく個人決済データを有効活用しています。

しかし、決済がデータ化してしまうと容易に個人の決済データが管理されることになり、プライバシーがない状態になるリスクもあります。

プライバシーのない未来が訪れることも否定できないので、いかに個人情報の保護に徹することができるかが重要になってきます。

QRコード決済のメリット・デメリット まとめ

本記事ではQRコード決済のメリット・デメリットについてザックリご紹介して参りましたが、それでもQRコード決済を使用することのメリットは大きいと思っています。

QRコード決済が浸透していけば企業側の負担も減りますし、現金を持ち歩かなくてもスマホ1台会計が済ませられます。

現金が不要になれば財布を持つ必要性もなくなりますので、ユーザーにとってQRコード決済はメリットに感じる部分が大きいことでしょう。

QRコード決済は将来的にさらに広まっていく

今後日本でもQRコード決済の波は益々広がっていくと予想しています。

日本は世界の先進国と比べてキャッシュレス化のスピードは緩やかですが、世界的に広まると考えると日本もさらに普及していくことでしょう。

日本でも現在QRコード決済を使える店舗はあり、今後も増えていくと考えれば今のうちにQRコード決済に慣れておくのもいいかもしれません。

最近のコメント