不動産投資

【不動産投資初心者必見】お金が大好きな私が「融資を貰うためのアプローチ法」について簡潔に解説!

どうも、ナカタカです!

不動産投資を行うにあたって、欠かせないのが金融機関からの融資です。

その融資を受けるにも金融機関から承諾されなければいけません。

そこで、不動産投資家は金融機関へ融資を受けるのに十分なアプローチをする必要があります。

本記事では、お金が大好きな私が金融機関へ融資を受けるためのアプローチ法について簡潔に解説します!

融資を貰うためのアプローチ法

金融機関からどのように融資を受け取るかはあらかじめ準備をしておかなければいけません。

金融機関にアプローチをして、融資に繋げていくことが不動産投資家において必要となります。

融資を受けるに十分な信用を与えられるかが不動産投資家にとって考えなければいけないことです。

では、どのようにしてアプローチをするべきかを簡潔に解説していきます。

融資を貰うためのアプローチ法①:他者から紹介で融資に繋げる

融資を受ける際、金融機関にまずアプローチをかけなければいけません。

その際、他者からの紹介でアプローチをかける方法があります。

  • 不動産投資家
  • 家族
  • 知人

など、身近の人から投資家仲間が金融機関に紹介することによってスムーズに手続きがしやすくなります。

知り合いからの紹介となれば金融機関にとっても信用の一つとなりますので、知り合いに金融機関と通ずる人がいれば紹介してもらうことも選択肢としてありかと思います。

知人などからの紹介によるアプローチ法がある

融資を貰うためのアプローチ法②自分でアプローチをしかけていく

紹介者がいなければ自分から金融機関へ電話でアプローチをかけ、融資に繋げていきます。

それから金融機関の方で審査をして融資をするかどうか判断します。

しかし、審査はそう簡単に上手く通るわけではありません。

もし金融機関から断られたら、また別の金融機関へアプローチをしていきます。

金融機関から断られてもめげずに他の金融機関にアプローチをかける

融資を貰うためのアプローチ法③:アプローチに必要な資料を準備する

金融機関へのアプローチが進めば、金融機関の融資担当者へ資料を渡すことになります。

資料の内容としては、

  • 物件資料
  • 融資評価依頼書
  • 本人確認資料
  • 配偶者資料
  • 法人所有資料

これは不動産投資家である鈴木宏史さんが金融機関へアプローチする際に提出している資料です。

十分な資料の元、金融機関からの信用を勝ち取るべく様々な提案をします。

十分な資料があると、金融機関の方も判断材料が増え融資に向けてスムーズな対応に繋がることでしょう。

アプローチのための資料を十分に準備する

融資を貰うためのアプローチ法④:身だしなみを整える

金融機関へ訪問する際は担当者からみて好印象な身だしなみで訪問することも重要となります。

融資担当者も人間ですから、第一印象が良くないと心情も少なからず影響してきます。

派手な格好やガサツな見た目ではなく、スーツを着て健全な不動産投資家という印象を与えることも大事です。

金融機関へ訪問する際は身だしなみにも気を付ける

融資を貰うためのアプローチ法 まとめ

融資を受けるためのアプローチ法について簡潔に解説させて頂きました。

融資を受けることは不動産投資をする上では欠かせないことなので、いかに融資担当者に信用してもらえるか考えていく必要があります。

身だしなみをきっちり整えるのも信用の一つになります。

十分な資料を準備して金融機関へ訪問できるようにしていきましょう。

身だしなみをきっちり整えるのも信用を得るための一つ

融資を貰うためのアプローチは自分の実績を積むことが大事

金融機関からスムーズな融資を受ける方法として自分の実績を作っておくことも有利に働きます。

過去に融資を受けて返済能力を認められた者として見られると信用も一層強くなっていきます。

始めは実績を作るのは大変かと思いますが、実績を作ることで後々有利となりますので、最初のアプローチを頑張っていきたいところです。

最近のコメント