就職

【世界的な医療課題】看護師の人材確保は今後加速する理由【看護師不足は世界的な問題です】

青鬼の兄さん

今の世の中看護師は大変じゃな・・・

タカシ

そうじゃな。
コロナウイルス感染の危険がある中で仕事をしている看護師の方は本当に感謝じゃ・・・

青鬼の兄さん

なんとか看護師には無事でいてほしいな。

タカシ

口で言うのは簡単じゃが、少しでも多くの感染予防アイテムと危険手当を看護師に与えてほしい

本記事は以下のような悩みを持つあなた向けの記事

悩み

看護師になりたいけど今後看護師の募集が減らないか不安

悩み

コロナの影響で先行きが見えない

悩み

看護師を目指したいけどコロナの感染が怖い

この記事では、上記のような悩みを持ったあなた向けに看護師の今後の就職について書いてあります。

本記事の内容
  1. 看護師の今後の求人
  2. コロナ蔓延下での看護師就職
  3. まとめ

この記事を読めば、看護師の今後の需要について知ることができます!

タカシ

看護師の今後はどうなるのか今回は述べていくゾ!

看護師の今後の求人

青鬼の兄さん

看護師は今人不足なのか?

タカシ

就労者は増えているみたいだが、それに対する需要の方が多すぎて間に合っていないみたいだぞ。余は人手不足じゃな。

2020年4月17日現在の日本では、緊急事態宣言により外出自粛要請が出ております。

そのため、在宅ワーク・自宅待機を余儀なくされる会社員が増えて仕事量が減ってきています。

しかし、看護師はコロナウイルスの影響で仕事は逆に激増し、特に都内の看護師は毎日新たな感染者の対応で自信が感染するリスクを負いながら懸命に対応をしてくださっています。

2020年4月17日現在の看護師の主な状況
  1. コロナ患者が激増して対応に追われている
  2. 毎日新たな感染者が出てきて看護師が間に合っていない
  3. 感染リスクを負いながら対応をしてくれている
  4. 看護師不足で求人数も多くなっている

コロナの影響で看護師不足が露呈している病院も出ていると聞きます。

今後もコロナ感染者が増えていき、看護師不足がさらに深刻化していく恐れも現実味を帯びてきています。

では、コロナが流行っている中での今後の求人について述べていきます。

タカシ

看護師の求人は今後どうなるのか。

今後看護師は益々人手が必要とされる

タカシ

看護師は今後の事を考えると人材確保は必須になる

看護師の就労者は年々増加してきているというデータが出ています。

看護師は右肩上がりに増加してきているということで一見順調に見えますが、日本が抱える問題の代表作である少子高齢化が進んで病院を必要とする方が今後も増えます。

それに伴い、看護師はもっと必要となってくるということです。

看護師数の増加するスピードより、患者数の増加するスピードの方が著しく速くて供給が追い付いていない。

こういうことが今後も加速していきます。

現時点で増えている看護師も10年後には右肩上がりから右肩下がりに変わっていくことも想定出来ます。

なので今後も看護師の需要は大きくなるので就職はしやすくなるでしょう。

タカシ

看護師は今後もさらに需要が高まってくるゾ!

地方の病院の人材はとくに需要がある

タカシ

地方だと看護師がかなり少なくなっており、看護師の人材確保に苦戦している・・・

地方の病院も看護師不足が深刻化しており、今後も看護師の人材確保が非常に急務となってきます。

今後の人口減少に伴って、労働人口減少が起こり看護師にもそのしわ寄せがきます。

そうなると地方の看護師不足が非常に深刻化していく恐れがあります。

地方の看護師問題
  1. 地方の若者の減少に伴う看護師不足
  2. 地方の高齢者増加に伴って患者数の激増
  3. 看護師の深刻な人不足で供給が追い付かず毎日激務

現在は地方から若い人が離れていき、都市一極集中型が進んでいますので、少子高齢化による若者の減少都市一極集中型がマッチすると地方の若者が減っていきます。

そうすることで、地方の医療が圧迫して潰れてしまうというような状態にもなりかねません。

なので地方の看護師の需要はかなりあると言っても過言ではないです。

タカシ

看護師の人材を欲しがっている地方の病院は多いので、地方の病院は需要がかなりあるゾ!

コロナ蔓延下での看護師就職について

青鬼の兄さん

コロナは看護師の就活に影響はあるのか?

タカシ

影響は多少あるかもしれないが、むしろ医療現場の看護師が不足しているので看護師の就職は今後も門戸が広くなっていくと思うゾ。

看護師をもっと増やしたい病院は日本に五万とあります。

僕も地方出身ですが、若い看護師がいない病院も実際にあります。

しかも現在コロナが蔓延している世の中なので、看護師不足が露呈して医療現場が圧迫しています。

そのため、今後も看護師確保はさらに強化されていく流れとなっていくでしょう。

コロナウイルスの流行で益々看護師の確保が急務

世界規模で看護師が不足で多くの人材確保が必要

タカシ

看護師は世界的に不足しているということを今回のコロナの影響で浮彫になったそうじゃ。

世界規模で看護師が不足していることを今回のコロナウイルス流行で浮き彫りになりました。

2030年には看護師が世界で460万人、医師、医療スタッフを含めると世界で【1800万人医療関係者が不足】すると言われています。

それだけ世界で看護師が必要とされていますので、これから看護師になる方は世界から必要とされています。

世界規模の看護師不足に対する解決案
  1. 看護トレーニング機会の充実化
  2. WHO規模で看護師に対する待遇をより意識される
  3. 世界的に看護師への投資を増やす重要性が説かれる

WHOでも看護師不足への懸念が説かれているということで、今後世界的に看護師不足を補填するような対策案を出されるのではないかと思っています。

コロナウイルスを教訓に、これからの医療体制を世界で見直していかなければいけない課題であります。

タカシ

世界の医療体制を保つには看護師の存在が必要不可欠じゃ。

これから看護師になる方は、世界で必要とされている看護師の一人となる

コロナ蔓延しているからこそ看護師確保は必須

タカシ

日本はコロナ蔓延しているからこそ看護師を多く採用して充実したトレーニング環境を与えることが必要じゃ。

今後コロナウイルスが終息していくと思いますが、いつ終息するのかが見えていません。

コロナ感染者の方ばかりに対応するわけにもいかない中で、看護師は常に病院内を走り回り、寝る間も惜しんで患者さんの対応に回ります。

ただでさえ感染者が増加の一途を辿る中で、今後もしばらく感染者が増えると看護師が他の病状で入院している患者さんへの対応が希薄になってしまう恐れがあります。

看護師への手当てについて

タカシ

今多くの看護師が感染の危険の中必死に対応してくれている。

コロナによる今後の看護師キャリアの影響
  1. コロナによる急病患者の激増で人材確保が急務
  2. 今後看護師は益々需要が上がる
  3. 今後の待遇の改善もある

看護師の待遇も、今回のコロナの影響で改善されていくのではないかと思っています。

現状の看護師は常に危険と隣り合わせの中戦っているわけですから、手当の追加も検討されるでしょう。

また、医療体制の見直しも国としての課題となっていきますので、医療現場の方たちが少しでも働きやすい環境の提供を国として挙げていくべき課題となります。

今後の看護師人材確保まとめ

青鬼の兄さん

看護師の需要は今後も伸びていくな 

タカシ

そうじゃな!
高齢者増加とコロナの影響でもっと看護師の確保が必要になってくる

看護師の需要は年々伸びています。

高齢化社会の影響で医療を頼る高齢者が今後も増加していきますので、それに合わせて看護師も増やしていかなければいけません。

これから医療現場が悲鳴を上げないように、医療体制を整えることが未来の医療体制へ良い形で受け継がせていけることでしょう。

AI導入で医療従事者の負担を軽減

タカシ

AIは今後医療現場にも参入してくる可能性は高いゾ。

今なにかと話題の中心にいるのがAIですね。

AIは様々な業種に良い影響を与えてくれると期待されていますが、それは医療も同じ。

AIが参入すれば、医療現場の医師や看護師の負担を減らせる期待がされています。

AIの医療参入のメリット
  1. 医師、看護師、医療スタッフの負担を軽減
  2. 24時間動いても疲れないので、当直が相当楽になる
  3. 精密な治療をサポート

AIが完全に医療現場で整えられたら、医療に革命が起こります!

人間だとどうしても体の負担が大きいですが、AIのようなロボットであれば疲れというものを知りません。

よってAIの医療参入は今後計画され、近い将来AI医療が現実化していくでしょう。

今後の医師不足、看護師不足によってAIが活躍する医療へと時代は変わっていく可能性が高い

世界が看護師を欲している

タカシ

コロナの影響で今後は世界規模で医療体制の強化を各国に求めていくようになりそうじゃ。

今後は世界規模で医療体制の強化をWHOが各国に求めていくようになるでしょう。

コロナウイルスはそれだけ世界に震撼を与えたウイルスであるということです。

未知のウイルスに感染した患者さんを対応することは医療従事者からしたらとても怖い事です。

なので今後は今回のコロナウイルスのような、不足の事態に備えての医療体制を整える必要があります。

WHOも問題視する看護師の減少

今後WHOでは世界各国の看護師人材確保」について強化する対策案が出されると予想しています。

看護師不足は世界規模で進んでいますので、世界の医療体制を整えていくには世界規模の医療体制改善案を出していく必要もあります。

各国のWHO協会の理事長は今後の医療体制の改善案について、世界規模の議案として話し合っていくようになるでしょう。

タカシ

今後は不足な事態に備えて医療体制を強化していくことで各国一致しそうじゃな!

今後世界レベルでの医療統制案などが出される可能性がある

takashiの小言

タカシ

医療は今後もなくてはならない存在なので、今後も医療体制維持と強化にお金を使っていく必要もあるな

今後コロナの影響がどこまで続くか予想できませんが、コロナが流行ったことで医療の問題が浮き彫りになりました。

医師不足、看護師不足を今後どう補っていくか国レベルで考えていかなければいけない問題です。

我々国民もできるだけ高度な医療が受けられるように、医療に対する投資を惜しまないようにしていきたいですね。

今後も不足なウイルス流行に備えて、自分でできる対策は常時しておきましょう!

最近のコメント