不動産投資

【不動産投資初心者必見】お金が大好きな私が不動産投資の利回りの計算方法について簡潔に解説!

どうも、ナカタカです!

不動産投資は購入した物件からどれだけ手元に残るキャッシュを増やせるかで明暗を分けます。

そのため、不動産投資でお金を稼ぐ上で注視しておきたい数字があります。

その数字とは、利回りです。

利回りは不動産投資で収益を上げるためには意識しなければいけない数字になります。

より利回りが良い物件を購入することが不動産投資で稼ぐ上では避けて通れないからです。

そこで本記事では、不動産初心者に向けて利回りについて簡潔に解説していきます!

利回りとは

利回りとは、不動産に投資して購入した物件からどれだけの収益(リターン)が見込まれるかを数字で表したものです。

成功している不動産投資家の多くは利回りがより多く出る不動産物件を購入すべく物件を探っています。

不動産利回りには表面利回りと実質利回りがありますが、それぞれ若干性質が違います。

表面利回り

表面利回りとは、年間家賃収入を物件価格で割って出た数字に100をかけて利回りを出す計算方法です。

ザックリとした利回りを知りたい時に使われる計算方法で、文字通り表面的な利回りを出したいときに使われています。

表面利回り=年間家賃収入÷物件価格×100

実質利回り

実質利回りとは、年間家賃収入から「諸経費や税金を引いた額」を物件価格で割り、そのあと100をかけて出した数字を言います。

実質利回りは自分の手元に残る利益を細かく計算できるので、正確なキャッシュフロー(リターン)が割り出せる計算方法です。

不動産投資家の多くは実質利回りをよく重視している印象にあります。

実質利回り=(年間家賃収入ー諸経費・税金等)÷物件価格×100

利回りをできるだけ上げる方法

購入した不動産から多くの利回りを出すには物件を購入する前のリサーチが欠かせません。

よく不動産投資家が仰っている最低限ほしい利回りは

  • 都会物件・・・12%以上
  • 地方物件・・・20%以上

特に利回りの良い安い中古物件などを狙う不動産投資家が多いです。

そこで、利回りの高い物件をリサーチする上で最低限意識しておきたいポイントを簡潔にご紹介します!

物件の構造や立地、築年数をチェックする

利回りを上げるためには様々な要素をマッチさせる必要があります。

多くの不動産投資家は物件の構造・立地・築年数などを見て判断しますが、利回りを上げるにはできるだけ家賃収入が多く、物件価格が安いところを選ぶことが重要です。

都会ほど利回りが低くなる傾向にある

都会は地方に比べて物価が高く、物件価格も高い傾向にあるため利回りも上げにくいのが特徴です。

都会の新築物件は余計に利回りが上がりにくいので、購入する不動産投資家は少ないです。

不動産オーナーにとって物件価格が高いと1部屋空室があるだけでかなりの負担になります。

都会の物件を購入することは利回りが上がりづらく、空室リスクなども強くなるのがネックな部分です。

都会の物件は物件価格が高く利回りが低い傾向にある

地方の中古物件は利回りが上がる傾向

地方の物件は都会より物件価格が安くなる傾向にあり、その分利回りが上がる傾向にあります。

地方は都会より物価が安いので物件価格も安くなり、さらに中古物件となれば物件価格はさらに安くなっていきます。

地方の中古戸建は不動産投資の初心者にとって一番手を出しやすい物件ですし、不動産投資で成功した投資家の中には初期投資の安い中古戸建から始めた方も多いです。

初期投資金が乏しい方でも始めやすくなる

不動産投資は始めにかなり高い費用がかかります。

特に初期投資になると、頭金として何百万もの現金を払わなければいけません(極端に安い物件も中にはある)。

中古物件や地方物件は物件価格が都会より安い傾向なので、現金が乏しい方でも手を出しやすいのがメリットとなります。

特にサラリーマンの方であれば、高い手付金(売主との売買契約時に一時的に売主に預けるお金)を支払うのがキツイ方もいるかと思います。

そのため、初期投資金に乏しい方はまず地方の中古物件から始めることをオススメします!

地方の中古物件は物件価格が安く自己資金が乏しくても始めやすい

利回りとは まとめ

今回の記事では利回りについて簡潔に解説させて頂きましたが、不動産投資をする上でキャッシュフローを意識するならば利回りは意識しなければいけません。

購入の際にかかった物件価格をできるだけ早く回収するには高い利回りでキャッシュフローも多く残せた方が有利だからです。

また利回りが高いと手元に残るキャッシュが増えるので、自然災害時の突発的な支出に対応できるのも大きなポイントとなります。

他の不動産投資家のやり方を参考にする

利回りが高い物件を購入することは不動産投資で収入を増やす上では重要なポイントとなってきます。

成功している不動産投資家の多くは利回りやキャッシュフローを重視して創意工夫しながら投資をしています。

不動産投資についてわかりやすく解説している書籍も出ていますし、不動産投資の知識をつけるには個人的には本が強いと個人的には思っています。

本は低コストでかなりの有益な情報が手に入れられるので、不動産投資に興味がある方やこれから始める方は是非書籍も読んで知識を養ってください!

最近のコメント